下北半島カモシカ調査グループ

カモシカ調査
グループについて

活動内容

ニホンカモシカ
について

写真館

カモシカ調査グループについて

下北半島カモシカ調査グループでは、約30年にわたり、青森県下北半島むつ市脇野沢で、 主に夏と冬に、ニホンカモシカの生息調査・食害調査等を実施してきました。その成果は 各報告書、論文等で公表され、この地域のカモシカの生態の解明、保護活動に微力ながら 貢献してきました。

現在の主な活動は年に2回。冬の「カモシカ個体密度調査」と夏の「入門講座」です。

冬の調査は当グループのメンバーと募集により集まってくださった方によって 行われています。募集の対象は、安全確保のため、原則として、フィールド調査 経験者もしくは当グループの入門講座参加経験者に限っています。

夏の入門講座は、高校生や大学生をメインターゲットに、初心者の方に地図読みや、 コンパスの使い方といったフィールドの歩き方の講習を行いフィールドに出るため の足がかりを作っています。

当ホームページの全ての著作、写真、イラスト等には著作権が存在します。
全ての無断転載を禁じます。
当ホームページはI.E8.0、firefox9.0以上、Google Chrome Ver.19以上で動作確認しております。
Since 2012. January. 3. カモシカ調査グループ All Rights Reserved.